いまあなたと生きてる

ほどほどに、すきなものを愛でる。

成長

おしごとをやっていると、色々なことを覚えていくんです

 

人に伝えたいときは、直接言う。

だまっていては意見がないのだと勘違いされるから、発言はしたほうがいい。

失敗そのものより、失敗をうまく対処できないことのほうが問題

信頼関係を築くためにはいつでも正直でいること

後悔しても時間は戻らない

そして後悔している時間に給料は出ない

 

昨日もそう。

うまくいかなかったの。

凹みはするけど、ずっとうじうじしていても解決する訳ではないし、

反省点は認めて、今回うまくいかなかったけど、仕方ないよねって。

準備が足りなかったし、言ってはいけないことも最後もらしてしまったけど。

次同じことを起こさないようにすればいい。と切り替える。

 

成長したね といわれた

 

成長…。

今までは、うまくいかないことがあると泣きじゃくって悔しくって仕方なくて

どうしようもなく自分が許せなくて、とことん向き合って生きてきた

 

でも会社に入ってから

1日8時間のうちですべてのことをそうやって対峙している時間はないし

効率的ではない、なにより心が擦り減っていくのがわかった。

 

だから、自分を守るために早々に諦めて、

つぎに切り替えるように努力してるんだけど。

 

それを成長だと言われて

社会に出てどんどんくたびれていくこの姿を「成長」だなんて

そんな素敵な言葉にしてしまうのはあまりにももったいなくて、かなしくて

 

自分から見れば

自分の体も心もどんどん汚れていくように見える

この何年かで自分の軸がずれていくようにも感じる

 

わたしは、前の悔しがってぶつかって泣きじゃくる自分のほうがずっとずっと好きだ。

前は自分よりも人のことが大事だったのに

いまは自分も人も大事で、あとで愚痴るくらいならと、人に意見もする強かさもある

 

だんだんいろんなことが無骨になってく自分に

もしかして間違った道に進んでやしないかと不安になって。

 

なんかどうしようもないねえ

大事にしたいものが手からどんどんこぼれてっちゃう

大事にしたいものだけが器用にすり抜けていってしまって

のこったのは仕事にのめりこんだ人間ひとり。

剛さんのファンクミュージック

ジャズヒップホップ、おすすめアーティストがいれば教えていただきたいな~~。
あとDE DE MOUSEも好きなのよね~~~

てことでわたしもおすすめしたい音楽を。
こてこての紹介をする気力がないのでとりあえず。

堂本剛のソロの音楽性かなあと。

調べれば一発なんだけどソロと言えどいろいろやってます。
ファンのわたしはどれも大好きなんだけど、人におすすめしたいと思うのはいくつかあって

ENDLICHERI☆ENDLICHERIのアフリカンなファンク、
堂本剛shamanipponシリーズ、
それと、言わずもがな、堂本剛のTU funk!

ケリーさんの創造するファンクはとてもエモーショナル。
それからshamanipponは、テクノを織り込んだとても心地よく剛さんの音楽のなかでは聞きやすい。
このアルバムをきっかけにミラノコレクションで使用される音楽も剛さんが携わったという、わかりやすくいえばセンス抜群の超かっけえ音楽です
TU funkはいつかもたくさん書いたので割愛。笑
でもファンク好きな人は聴けば一発で虜になる。きっと。
それくらい洗練されたイメージの、濃い音楽です

そんなかんじ~~~

たまには違う話もしようや

好きな音楽?の話。

 

ジャズヒップホップが好き!

っていってもいまだにこのジャンルの深さがよくわからないんだけどね。

 

Nujabesは本当に、1曲1曲がお気に入りになるほどすき!

どの曲も色が濃くて味わい深い。

あとはUyama HirotoとかDJ OKAWARIとかがWalkmanにいる。

あとNomakも最近増えた。

 

Nujabesの曲はどれも芸術品のような、絵の具を使った分厚い絵画のような、そんな気持ちの良さがあるな~って思う

 

まあこの趣味は、もとはといえばね。

分かる人にはわかるこの文字並びです笑

 

しかしNujabesっていってあああれね!って言える人って少ないんじゃないか。

今までの人生で誰かがNujabesって言ってるところを見たことがないし。

どこでみんなそういう趣味の輪を広げるんだ…Twitterか。笑

 

 

ああ、また活動しないかな。

夏の野外パーリィ!

こちらにも書いちゃう!記念に!
祝、7月15日参戦!!!

まさか本当に当たるとは思わなんだ
でも申し込まないことには当たらないよね、っていう思いで申し込みしてたので、、、まさかのでした

いや本当、当日のこととか色々考えねば。
やばいわ。

これで今確定してる情報でバンギャみたいな書き方すると…

next⏩7/15 横スタ、8/19 サマソニ@幕張

おお ……。ここに滋賀と剛さんソロライブも入ればいいなあ

TU FUNK DVDから抜け出せない

まとまらない想ひを吐き出す_(:3 」∠)_

★剛さんの2015年のビジュアルがどツボです
短髪黒髪でぷりっぷりしてるお姿、、、もう言葉にできないエロスの塊を感じる~~~~
ちょっと中性的なのに歌ってんのかっこよいしギターを歌わせるように弾くのもドキッとするしさ~~~~
あと衣装が白で統一してるからまた表情が際立ってすげえいい!

★天命さんはド卑猥ソングだ……結局卑猥ってことしかわかんないけども、ツインベースツインドラムが気持ちよすぎて無限ループ余裕な

2番歌い出し直前のツッテッデデデッの豪太さんDUTTCHさんのドラムが完璧で激かっこいいっす( ´⚰︎` )
たしかにツインドラムだとドラムの存在感が違うんだなあってこれ見ててしみじみ思った

あと多聞さんとKenKenさんのベースソロは5回は見ないと気がすまない…ソロ終わったあと多聞さんに見せるKenKenさんの満面の笑顔に超ぎゅんとくるんだよ…なにあれ心わし掴みだわ…

★その胸へと僕の生死()駆けたいんだ
煌めいてる純白の旋律()

10年以上前のORANGE RANGEの歌で"青春"をせいしって聞こえるように歌ってたの思い出した
あれ何の曲だったっけな

★くらっぷゆあまいんどで揺れるように踊るKenKenさん……まじで心持ってかれっぱなしなんだよ~~~もう
あと剛さんが途中で「あーいっ」って歌うんだけど、すんごく満ち足りた顔してメンバー見てるからそれだけで幸せになる単純なわたし

★CCKのイチオシ必見ポイントは、歌の合間で、剛さんがギターの音量?か何かを上げてくれ(ギターを指差したあと上向きに指差す仕草)っていうジェスチャーで袖の人に伝えてるところです( ˆoˆ )
あと最初に「とぅい~~~~ん」ってギターかき鳴らす剛さん最高にかっこいいし、オクターブ上げる前にウオォイッ!!って声出すのめちゃくちゃ雄で好き

★ぶるべりじゃんぷで足でステップ踏みながらすんげえかわいい顔して笑ったり、KenKenさんと竹内くんと剛さんとでアイコンタクトし合って笑ってんのめちゃくそ可愛いから…よかったねえ楽しいねえおつよしさんみんなと音楽できて幸せねえ…。

あと12回とんだあとの左右に足踏みするやつ(語彙力……)がケリーさんの頃と全く変わってなくてなぜか嬉しくなる

★ギターのいいところを鳴かせてる時の剛さんが、快感にとても正直なお顔してるのが好き
竹内くんもギター響かせながら超快感味わってる顔するんだけどそれもすき


だめだほんとにまとまらない!!(頭を抱える)
TUに関しては言いたいことが山ほどあってほんと忙しい忙しい(◜▿‾ ≡‾▿◝)

さすがに何百はいかずとも、もう何十回もみてるのに全く飽きが来ない…

こんな細かい感想を言い合える相手がいない(寂しい奴って言わないで~~~)ので、自分の感想を見直して「めっちゃわかるそれそれ」ってセルフ共感するのが好きでね、
だからあとで見返せるようにちゃんと感想まとめたいな~

ああ今日もええねんで、痺れるほどかっこいいブラス隊への剛さんの振りを見られてハッピーハッピーミッドナイト…
ああ感想が止まらないから一旦切ろう…

Want Youだいすき(真顔)

自分用吐きだしメモ

うぉんちゅー見てると脳内こんなことになるから目2つじゃ全く足りてないよ・・・

すごく細かいのでかるくスルーしてもらえたらうれしい…笑

 

イントロ

・赤い照明の中両手を挙げる振り。ココすきなんだけど武藤のあのポーズがよぎってしまうのは私だけか……私だけだな…

・右腕を外側からスーっていう振りもすき(語彙力)

というか、Want Youの振りってゆっくりで直線的な動きが多いからすごく印象に残るんだよね~

・歌い出し直前に一瞬映る剛さんのセクシーな顔も見逃さないひの(^-^)

 

「こなれた仕草 What does it mean ? ~」

足ふみふみ光一くん、セクシー~~~ 

「One ~」「Two ~」「Three ~」

One~♪の構えの光一くんかっくいいしTwo~♪で上からスーッと降りてくる剛さんの右手とうねる腰つきに色気ただよってる~~いいよいいよ~~~~

Three~♪で光一くんの指も3になってるところかっくいい~!ひゅ~~!!

「And More! More! More! More!」

の剛さんの歌声がすごく良きかな…何回でもリピートするよね

「あーりーえーなーいー~」

「しーげーきーてーきーもっとー~」

ここらへんの振り超好き、「てーきーもっとー」あたりの剛さんがぷりぷり踊っててかわいい(褒めてる)

「Want you~」

の剛さんいい顔ッ!!いいよ~~剛くんいいよ~

「なっなーななっなーななっなーななっうぉんちゅ~」

足踏みしてヒラヒラと向きを変えながら棒(雑)の内側から出てくる光一くんんんんんと、ちらっと映るうぉんちゅ~な剛さんんんんnのあとに2回目に来る光一くんが右向いた瞬間で一時停止すると超絶かっくいいいそのまま足踏みしながら中央にくる光一くんと「いぇ~いぇ~いぇ~いぇ~」な剛くんの表情すき!!目えキラキラしてるの、衣装が反射してんのか剛さんの目が輝いてるのかわかんないけどとにかくキラッと映る感じがたまらないのよーー

ハアしんどい

 

「キミもっそうシンデーレラッさ~」

この光一くんすっごくカッコよくてすっごく王子じゃないですか…衣装がいいのかな…いや光一くんがいいんだなあ…引きでも堂本光一って感じ超かっくいい…

「ぼっくのーためにーそんざいを~」

この時の光一くんパートが「僕のため<だけ>にそんざいをー」って歌ってるのいと良き…あえて光一くんに僕のため"だけ"に存在をって歌わせるのほんとグッジョブだよ…アア素晴らしき哉

「重ねた想いよ 永遠に~」

永遠に~からの君と~できらっと映る剛さんの瞳と指ね…

「Let it glow~」

ここ歌う二人がまさに輝いててすごくいい

 

こっからのカメラワークに心からスタンディングオベーションしたいんだけどさ

まず引きのまま剛さんの「Oh~~~~~~…」で光一くん方面をゆっくり指さす剛さんからの、一瞬その指さす方向からのカットで手前にいる光一くんボケてても端正なお顔がわかるしとても美しいし、奥剛さんの顔も見れるお得感、に続いて今度は光一くんが剛さん方面へひゅんってしたあとの光一くんの姿勢美しい…からのさらに剛さんはぶわ~って押しかえすみたいな振り、のあとの光一くん…

あれ二人のキャッチボール的になってるけど最初指さしから次はひゅんって投げて最後ぐわ~って押してる感じが、どんどんふたりを行き来するボールが大きくなってる感じがしてすっげ好きっていうか個人的なツボ

 

「あーりーえーなーいー~」

この振りかわいい何回見てもかわいい

剛さんがぷりっぷりしておる…

「New World~」

の手のひらWhyってしてるところがかわいい

「しーげーきーてーきーもっとー」

もっとーの振りが剛さんはうしろにすーってするけど光一くんは華やか感出してくるっていう違いがすき

そのあとのWant you~1回目の剛さんが手をぐ~って出したところで一時停止した時の口の形がかわいい(マニアック)し、2回目うぉんちゅ~う~~!の剛さんの表情とカメラワークね!!はいここ拍手!!!

「どーんーなーきーみーだってー」

でアップになる剛さんがまじでうつくしい

 

「なっなーななっなーななっなーななっ」

の一回目で光一くん右向いてるところがほんに綺麗でそのあとひらーって片足前に踏み込む振りも綺麗、このキラキラヒラヒラ衣装いいなあ…

そのあと振りが揃っててすごく見てて気持ちいい

 

ハアWant Youは忙しいんだよほんとに!!ありがとうございますだよほんとに!!

 

ちなみに次のTwo of Usの間奏後のもっとだいてぇ~つよーくだいてぇかなーしいーほどー」の「かなー」のなーにいちいち感動してる(やっぱり細かい)

よくこんな声出せるなあ…こんな庇護欲煽らせる歌い方…一番すごいのはこれをさらっと歌っちゃうところが堂本剛さん流石ですね…。

TU FUNKの良さってコレなんだよ!!!!!!!

剛さんソロは全部大好きだからこそずっと今まで思ってたことを好きに書いてます

もしかしなくてもおまえ何様だよってなると思うけど、騒がず静かにスッと書き置きするだけなのでゆるして…笑
もしくは話すだけ話してスッキリしたら消すかもしれない

とりあえず何回も言ってるけど、
TUの素晴らしさを語りたいのよ~~~~ホント
どう考えてもTUは味わいだらけなのよ……


まず、剛さんソロのイメージについて。

あまり剛さんソロに触れない人からしたら、剛さんソロのイメージって「よくわからなくてとっつきにくい」って思ってる節があると思うのですが
その認識はたぶん合ってます笑

あととりあえず濃くて癖だらけじゃ!とか、宗教始めたのかよ、ってつっこみたくなる感じもあると思いますが、それもそれで合ってると個人的には思ってます笑

わたしもそうだったんだけども、今の剛さんのソロをよく知らないと、なんとなく剛さんのソロ=ENDLICHERI☆ENDLICHERIって考えがちで、それだとたしかに濃くて取っつきにくくなるのもわかるんですよね

たぶん私が思うに、
・単純に聞きなじみのない音が多かったり
・メロディーも独特すぎてついていけなくなったり
・歌詞が爽やかじゃない(笑)からちょっと怖かったり、悲しみの色が強くて重く感じたり。

誤解を恐れずに書いてしまえば
・どこか一人よがりでちょっとした珍味みたいな不気味さもある

からだと思う

実際ソロに手を出し始めた頃のわたしが思ってたしたぶんそんなこと思ってる人いそうだなと思うし
(一応もっかいいうけど今はケリーさん大好きマンだよ)


で、も、ね!!!
それはあくまでケリーさん期のイメージであって、TUのイメージとはまったくの別物だろうと思います
というのも、あの頃の剛さんと今の剛さんが全く違うから。

わたしも数年離れてて詳しくわからないんだけど、剛さんの雰囲気が全然ちがうのよほんとに!!
なにがあったのかわかんないけど、急に剛さんの楽曲のセンスがギュンとずば抜けてる!!!んですよ!!!!
言うなれば、〈堂本剛 第二楽章〉みたいな。
直感で、あ、きっと今まで見たことないものを見せてくれるんだろうなっていう期待しかない感じのやつ。

ケリーさんの時の不気味さ?霧がかかったような不安な感じが全然なくて、気持ちいいほど輝いてて生き生きしてて、まるで別人かのような吹っ切れ感。

もちろん剛さんの性格は変わっていないんだけど。
今の剛さんにはプラスの雰囲気があるっていうか、強くて生きることに前向きというか、一言でいえば「ふざけ上手でめっちゃくちゃ音楽大好きなおじさん」ってくらいには明るいの!!!(すいません怒らないでほめてるから…笑)


じゃあ具体的にTUの良さってなんなのよ?てことで以下ざっくり書き出してみる。

******************************************

まず
【メロディーが超すんなり聴きやすい!!】
全部がキャッチーでわかりやすい音楽。
本当にストレスフリーだし、音がほんとに超気持ちいい。
スタイリッシュなのにちゃんと主張があって濃くてハマる音楽。
あとなんにも考えずに聴ける。
ファンクとかロックとか、まったく気にせず聴けちゃう。びっくり

【言い方悪いけど、はずれがない!!!!】
と、とばす曲がほんとにない…って感動したのを覚えてる。
1曲1曲に魅力のかたまりを塗りこんであるイメージ。
「ど、どれもおいしい…おいしすぎる…」みたいな感動を味わえる。

【楽しんで歌詞書いてるのが伝わってくるし、実際明るい曲増えた(気がする)】
いい意味でおちゃらけてくれるから気軽に聞ける。
たぶん、剛さんが強くなったんだろうか。
悲しみに明け暮れるような曲はなくって、悲しいこともしみじみ感じつつも前を向いている強さが必ずある。
だいぶここは印象が変わったんだよなあ。
とはいっても独特ではあるし、卑猥ソングもちゃっかりあるよ。笑

【実力のあるアーティストになったのが体感できる】
今までもアーティストだったけど
どちらかというと非ジャニーズになろうとしてる姿のほうが印象的だった。
それが今は、しっかり実のあるっていうか、うーん、非ジャニーズをアピールしなくてもちゃんと一個人のアーティストっていう立場がやっと確立した印象を受けた。
うん、堂々と胸を張っていられる。

一番大きいのが、
【「剛さんとバンドメンバー」じゃなくて、「TUバンド」として本当に楽しみながら、究極にこだわってTUを作ったのがわかる】
剛さんって変わってるけど、それ以上に変わってるバンドメンバーの方々(褒めてる)がまじで良い。
ライブDVD観るとわかるんだけど、本当に一人一人が超魅力があるし、個性っていうか自分がある人達だから、ただのメンバーではなくまさに「みんな主役」って言葉がぴったりくる。
剛さんよりもバンドメンバーに目がいっちゃうようなライブで、これも私的にはすごく感動した。
(TUライブDVDで私が一番リピートするところってブラス隊のソロシーンなんだよ…まじであそこしびれるから…。)

みんな剛さんが集めたって言ってるけど、集めたというより「剛さんの魅力に魅せられて引き寄せられた」に近い。
凄腕の皆さんだから、もし剛さんがつくる音楽に違和感があれば離れていくような方々だし、もちろん剛さん以外にも必要としてる人は無数にいるような人達ばかり。

そんな方々が今も一緒に音を鳴らしていることがすっごく贅沢でファンとしてもなあなあでやってるんじゃないっていう信頼が生まれるし、何より剛さんがそれをわかってるから、ライブだとバンド全員の見せ場があるし、そういうのを見ていると自然とつよくなった絆が感じられる。
尊敬しあってるし、心から楽しんでる。

特に、TUのライブDVDのドキュメンタリー観るとほんっとに男子高校生みたいな集いだってわかるから超おすすめ。

***************************************

まとめ。

ケリーさんの頃の剛さんは相当もがいてた時期で、とにかく自分の中に渦巻くものを表現しようとして必至に掘り起こしてみては模索してる様子が曲にも映っているし、それが辛くて、気軽に聞けるものではなかったと思うのよ

ハングリーなのはいいことかもしれないけど、楽しいというよりも表現することで精一杯で、剛さん一人で何か見えないものと戦い続けてるように見えて。
どこに進んでったらいいのか見えてない不安定さのようなものも感じちゃうし。
だから、そういう言葉で言えないものを曲にして、思い切り思ってることを吐露するかのような曲たちを、さらりとは聴けなかった。

でも、今は違う。
今までのソロがすべて土台になって、剛さんがやること全てにきちんとしたバックボーンがあるから本当に安定してる。
もちろん、今までのしんどい中でもがきながら作った音楽も私は大好きだし、当時の曲をライブでやってると感慨深くなっちゃう~~~~

一番剛さんソロのイメージが強いケリーさんを引き合いに出したけど、ケリーさんは唯一無二の良さがある訳でそれはそれで語れちゃうほどに好きなんだけど。

ファンとしては楽しそうに音楽してる剛さんが一番好きだから、今がとにかくとても嬉しい。
こんなにいい方向へ進めたのは、バンドメンバーがいたからこそ!
だから剛さんもメンバーをとても大切に思ってるし、そんな剛さんの作る音楽にメンバーがまた魅了されてくし。

いやあ、本当にいい歳の取り方してるよなあってうらやましくなる。


…なんかまとまってないけど、思いのたけを書ききった。笑

とにかく、TU最高だから。
CD聴けば一発でわかるからほんと。
個人的にはライブのほうが断然素晴らしいから、お金あればライブDVDを観るのが一番手っ取り早くていい。

キンキでSONGS出たときで、ソロ活動について話すときにちらっと映った何秒かの映像がこのTUのライブDVDのやつなんだけど。
あれについて、2つ言いたい。

①あの時剛さん淡々と歌ってたけど、ライブ中盤以降からの熱唱してる剛さんが超男らしくてカッコイイから…ぜひ観て超観て!!!!!!!!

②会場がペンライトで照らされてたけど、剛さんのライブでペンライトって珍しいんです。
しかもライブグッズとしてペンライトって、今まであったのか、あってもレアだと思ってる。
あれを見て「なんだよなんだかんだジャニーズの時とおんなじようなライブしてんのか~」って思われてたら…と思って実はハラハラしてた。…すみませんそれだけです。笑


はー、ずっと言いたかったこと言えた……。
まじでTUは格別。
堂本剛ってすげえよ!!!!!!大好きだ!!!!

以上、また整理しなおすかもだけどとりあえずすっきりした!!!!!
気分を損ねてしまった方、もしいたら本当に本当にごめんなさい。